FC2ブログ
松舞町ラブストーリー
山陰の仮想の町松舞町を舞台にした、様々な恋愛を見守ってやって下さいね。
カウンター

最近の記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある週末の想い
6月も、もう下旬になりますね。
同期の人間の中には、鬱になったり、5月病でリタイアする人間も出始めました。
僕はと言うと‥‥‥
まぁ元々、マイペースな人間ですから、周りに流される事無く、自分を貫き通してます。
ただ、詩音と過ごす時間が極端に減ったのは、辛いです。
こんばんわ、御主人様28号こと、隆文です。
―――――――――6月18日(金)―――――――――
巷では、アフター5は皇居RUNとか、合コンを満喫なんて話を聞きますが、それって極一部の人間であって、大半のサラリーマンは大なり小なり残業してるんですね。
僕も、アフター5は残業を満喫しています♪
って、そんなもん満喫したくねぇよ~(ToT)
今夜も、もちろん残業でした。
詩音との甘い生活なんて、夢のまた夢って感じです。
電車を待つ地下鉄のホームから、詩音に「カエルメール」を打つ。
入ってきた電車は、朝より幾分か空いてはいますが、それでも松舞ならあり得ない混雑です(笑)
満員電車の窓から見えるオフィスビル群には、まだまだ明かりの灯った部屋が結構有ります。
就職難のご時世ですから、就職出来ただけでもありがたいと思わなきゃいけないのは、勿論分かってます。
でも、そこに人間としての最低限必要な健全な生活を、求めるのっていけない事なんですかね?

駅のホームに降り立ち、メールをチェックしたら、詩音から返信が届いてました。
「御主人様、お仕事お疲れ様です。明日はお休みですか?今夜は御主人様のアパートにお泊まりします。夕ご飯出来てますよ♪」
そう残業続きで、詩音が僕のアパートに入り浸る機会は少なくなりました。
詩音を一緒に過ごす夜は何週間ぶりなんだろう。
ホームを上ると、改札の向こうで手を振る詩音が見えた。
ショボくれたサラリーマン達の中に、メイド服で立ってるんだから、目立たない訳がないですよね。
そんな詩音の顔を見たら思わず、僕は笑顔になった。
「お帰りなさい、御主人様。お腹空きました?」
周りのサラリーマンが、目を丸くしているのが、笑えました。
「ただいま、詩音。お腹ペコペコだよぉ。今夜の夕ご飯のおかずは何?」
「はい、御主人様の大好きな、唐揚げと餃子にしましたぁ」
「お~、そりゃ楽しみだ。急いで帰らなきゃ。」
「はいなのですぅ」詩音が、僕の腕に手を回してきた。
「しかし、今週も毎日残業だったな。まぁ、先週みたいに午前様だったり、会社泊まり込みじゃなかっただけ、良かったけどな。」
「御主人様、毎晩残業で大変ですね。お身体大丈夫ですか?」
「あぁ、何とか持ちこたえてるよ。でも、ほら北海道から来ている近藤が、体調崩して入院しちゃったし、鉄ちゃんの佐々木は、鬱病になって会社を休んでるし‥‥社会人って、結構大変なものだな」
「入院ですか‥‥御主人様は無理なさらないで下さいね。」
「うん、ありがとう。でも、こうして詩音の笑顔見てたら、疲れなんてふっ飛ぶさ」
我ながら、クサイ台詞だと苦笑いしてしまった。
もっと気の効いた台詞が、言えたら良いんだけども。
そんな僕のクサイ台詞に、詩音は少しハニカミながら「ありがとうございます、ご主人様にそう言って頂けると幸せですぅ」と、答えた。
いやいや、お世辞なんかじゃ無くて本当に、そう思えるんだけどね。
「しかし、社会人って本当に大変なんですね。私も来年春には社会人なんですよね。少し憂鬱になっちゃいます。」
「そうだよな、どうだ就活は順調に進んでる?」
「いえ、やっぱり不況なんですね求人がさっぱりなんですよね。」
「グラフィックデザイナーなんて、一杯求人有ると思っていたんだけど、そっちの業界も不況なんだな。」
「はいなのです、まぁ大学時代のスキルを活かして、生花店に務めるか、親戚を頼ってウェイトレスって道も残ってますけどね。」
「‥‥ウェイトレスって、何か今と制服は変わん無いんじゃか?」
「そっ、そうですよね。案外良いかもしれませんね」
う~ん、来年以降もこの制服なのか‥‥それはちょっと考えちゃうなぁ
「でもでも、やっぱり第一志望はデザイナーですね。その為に専門学校通ってるんですから。」
「そう言えば、詩音の専門学校卒業生って、やっぱりアニメーターや漫画家志望が多いの?」
「はい、2/3は、そっちの業界に進みますね。でも最近はアニメ業界も中国スタッフの進出が多くて、結構大変みたいですよ。」
「でも、デザイナーだって、残業多くて大変な業界なんじゃないの?」
「確かにそれは言えるんですけどね‥‥」
詩音が少し暗い顔になった。
少し現実的な話をし過ぎたかな?
彼女の行動自体が非現実的だから、その辺はフォローしなくちゃいけないかな?
でも現実から、いつまでも目を背けている訳にもいきませんし。
少し、僕は考え込んでしまった。
「まぁ、『案ずるより、生むが易し』って言うだろ、思う様にやってみれば良いじゃん。俺だってそれなりに社会人してるんだから、しっかりしてる詩音なら大丈夫だって。」
‥‥「はいなのです、御主人様。ありがとうございますぅ」
う~ん、結局は詩音を甘やかせてしまった。
でも、実際の話、詩音ならきっと上手く立ち振舞えると思う。
「私が就職しても、こうやって一緒に帰宅したいですね」
「う‥‥うん、そうだね。駅で待ち合わせとかして、どこかで夕ご飯食べて腕を組んで帰りたいね」
「う~、夢の様な生活ですね。たまにはワインとチーズ買って帰ったりしたいですね。」
「うん、いいねぇ。なんだか楽しくなってきたぞ。」
「はいなのです。その為に詩音も就活頑張りますから」
「おう、俺だって、頑張って働くからな。」
「あっ、でもでも御主人様ぁ。私、きっとスーツか何か着てますよ。メイド服じゃなくても良いんですかぁ?」
‥‥‥いや、それが普通だって。
別に詩音のメイド姿に惚れた訳じゃないから(^^;)ゞ


松舞ラブストーリーアーカイブ
 
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://matumai.blog57.fc2.com/tb.php/189-ffab9bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。