FC2ブログ
松舞町ラブストーリー
山陰の仮想の町松舞町を舞台にした、様々な恋愛を見守ってやって下さいね。
カウンター

最近の記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいプロローグ
「じゃあ良いか、楓。」
本田が、大きく息を吸い込んだ・・・
これから本田が喋る言葉は、私の物じゃない・・・沢田先輩の為の物だ。
自分にそう言い聞かせる・・・
静まり返った教室に、野球部のノックの音が響き渡ってます。
こんにちは、森山楓です。
―――――――――3月12日(金)―――――――――
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・!ちょっと、本田~。いきなり黙り込んでどうするのよ~。リハーサルでこんなんじゃあ、本番の時何もしゃべれないわよ」
「・・・分かってるって。そう焦らすなよな、楓。よし、じゃあ今度こそ行くぞ。」
「いいわよ。」
本田の奴、じらすからこっちが、ドキドキしちゃいます。
「・・・沢田先輩、これバレンタインのお返しです」
「ちょっと待て本田~。いきなり本題かよ~、少しは他の話をして、雰囲気を盛り上げろよな。」
「え~い、いちいち注文が多いなぁ、分かったよ。
・・・。」
あ~、こんなんじゃ先が思いやれらますね(^^;)
「沢田先輩、いよいよ春になりましたね。」
・・・う~ん、強引な振りだなぁ(笑)
「暖かくなって来ましたから、色々な所行きたくなりません?・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・!こら楓、相槌位打てよ」
「あっ、そうかゴメンゴメン・・・そうねぇ~、本田君ならどこ行きたい?」
「俺ですかぁ?そうだな~雲山に映画見に行ったり、眺めの良い所でのんびりとかしたいですね。」
「のんびりかぁ~。良い場所知ってるよ、私。良かったら今度一緒に行かない?」
「マジですか? うれしいっす。俺、必至に頑張って弁当作って行きますよ。」
「え~、本田の弁当?大丈夫なの~?」
「おう、クッキー作ってから、なんか料理に目覚めちゃってよ。実は、ここの所お昼の弁当、自分で作ってんだぜ。」
「どうせ、冷凍食品ばっかりでしょ!」
「ほっとけよ、何事も先ずは始める事が大事だろ。」
「でも、あんたの弁当だと不安だなぁ。そうだ早起きして一緒に弁当作ろうよ。大森からそんなに離れてないから、急いで出掛けなくても大丈夫だよ。」
「そっか、じゃあ一つ考えてみようかな。」
「・・・ねぇ」
「・・・おい」
「いつの間にか、リハーサルじゃなくて、普通の会話になってるね」
「おう、そうだな(笑)。お前が素に返答するからだぞ~」
「ゴメンゴメンつい・・・。もう一度、リハーサルし直さなきゃね。」
「じゃあ、良いか? ・・・え~っと、沢田先輩は映画とか見に行きますか?」
「私? そうねたまに行くわよ。本田君はどんな映画とか見るの?」
「俺ですかぁ、何でもみますよ。アクションからホラー、ラブストーリーまで。」
「へぇ、ラブストーリーって意外ねぇ」
「そうだ、今度見たいラブストーリーが有るんだよ。楓一緒に見に行かないか?」
「う~ん、本田とラブストーリーかぁ・・・。イマイチな気もするけどなぁ・・・でも、たまには良いかな」
「よし、じゃあ行こうぜ。その映画再来週から公開なんだ」
「どんなストーリーなの?本田」
「それはだな・・・っておいおい」
「あはは、又、素に会話してるね私達。これじゃあ、まるで中学の時みたいだね。でも今度はあんたが悪いんだかんね。」
「分かってるって・・・じゃあ、今度こそ本番だ!」
リハーサルの本番って?(^^;)

「楓、俺実はお前の事・・・」
ちょっと、のっけから間違えてるって、私じゃなくて沢田先輩でしょ! しかも「お前」なんて呼び捨てにしちゃって
「今でも好きなんだ」
今でもって?文法がおかしくない?
「だから、もう一度付き合ってくれないか?」
いや、あんたと沢田先輩は、もう一度じゃなくて、これから付き合い始め・・・えっ?
何?それ?ひょっとして?
「ちょっと、本田。それって・・・」
「馬鹿、もう一回言えるかよ、こんな恥ずかしい事。それより、お前の返事は?」
私?私の返事?
私は何も言えずに、うつむいた。
ポロポロと嬉し涙が溢れて来た。
「楓・・・」そう言いながら、本田が私をギュッと抱きしめる。
「こら本田、痛いって・・・」
「やっぱり、俺はお前と居るのが一番楽しいんだ。だから、お前を失いたくない。もう一度、俺と・・・俺と・・・」
「本田・・・あの時はゴメン。私どうにかしてたんだろうね。私も、本田の事が一番好き・・・だから、一緒に映画を見て、一緒にお弁当食べながらのんびりしよ。」
そっと本田にキスをした・・・歌の歌詞通りじゃないけど、本田が本気になってくれた。
沢田先輩には申し訳無いけど、本田だけは誰にも渡さないって決めました、私だけの本田です。





松舞ラブストーリーアーカイブ
 ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
楓・青木先輩編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
本田・沢田編
優ママ編
本田・楓編
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://matumai.blog57.fc2.com/tb.php/180-da1fc50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。