松舞町ラブストーリー
山陰の仮想の町松舞町を舞台にした、様々な恋愛を見守ってやって下さいね。
カウンター

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い吐息に溶け込む想い
「はぁ~暑ぅ~」
自転車小屋に着く頃には、私はもう汗だくでした。
見慣れた田中君の自転車を発見し、わざとその隣に自転車を止めてみる・・・根拠の無いおまじないみたいなものですね。
「今年もバレンタインが来たなぁ・・・」って呟いてみる、こんにちは、神田瑞穂って言います。
―――――――――2月14日(月)―――――――――
手袋をしていても冷たくなってしまった手に、息をハ~ッと吹きかけてみる。
白い息が、子犬みたいに私にまとわり付きながら、キンっと引き締まった寒空に溶け込んでいきました。
それを静かに見守るかの様に空を見上げてみた。

東京にアパートを探しに行っていた田中くんが、今日松舞に帰ってきます。
待ち合わせをしている訳じゃないんです、待ち合わせどころか何時の列車で帰ってくるのか知らないんですけど、昨日もらったメールに、今日の列車でこっちに戻ってくるって書いて有りましたから、何となくフラフラと駅に来てしまいました。
そんなメールを貰ったからと言って、別に付き合っているとか彼氏とかって関係では無いんですよ、田中君とはただのクラスメイトで同じ部活ってだけの関係なんです。

1年生の夏合宿の時、二人こっそり抜け出して砂浜で星空を見たのがきっかけでした。
その時は、ただの解放感から彼について行ったんですけど、今にして思えば、あの時私の心の奥底に田中君への想いが芽生えたのかもしれません。

田中君が東京の大学志望なのは、当時から知っていましたし、私は就職希望でしたから、卒業と同時に離ればなれになってしまうのは分かり切った事。
それでも、高校生活の間だけと割り切れれば、素直に告白出来たかもしれませんが、結末が分かり切った恋愛なんて切ないだけですから、秘かに彼の事を見つめ彼の事を思うだけで満足する様に努めてきたつもりです。
バレンタインのチョコだって、義理を公言してから渡していた位ですから。
田中君もそんな私の気持ちに気がついていたのか、特に進展しない付かず離れずの距離のまま、2年半が過ぎました。

一緒に映画を見に行ったり、花火をしたり、クリスマスイブを二人っきりで過ごした事も有った。
そう言えばその時、笑いながら小さなキスを交わしたんですよ。
それは、ただ遊びみたいな気持ちで交わした小さな小さな、でも後にも先にもたった一度っきりのキスなんですけどね。
どれも切ないけど、私には大切な思い出です。
でも、そんな思い出ももう少しで途切れてしまうんですね。

あの夏休みから、何回も何百回も繰り返してきた質問を、また自分に問いかけてみる
「本当にこれで良かったのかな?」って
でも正解を知るのが怖くって、いつもと同じ「これで良かったんだ」って結論に無理やり持っていきました。
もう一度、空を見上げてみる・・・相変わらず灰色の空に静かに雪が舞っています。

構内から、アナウンスが流れてきました・・・雪でちょっと列車が遅れているみたいです。
私って馬鹿みたいですよね、次の列車で帰って来るかどうかも分からないのに、こうして駅前でドキドキしながら待っているんですから。
しかも肩にかけたバッグの中には、ガラにも無く手作りしたチョコが忍ばせてあります。
深い意味は無いんですよ、自由登校で暇だったから雑誌のバレンタイン特集をまねして作ってみただけなんですから。

作っていくうちに誰かに渡したくなって、でも思いつく人物が一人しか居なくって、まだ出来たてのホヤホヤ状態のチョコをバッグに突っ込んで、家を飛び出しました。
自転車で駅までの道すがら、何回も渡すシチュエーションを考えシュミレーションしてみる。
でも、どのシチュエーションも私が告白しようとするシーンで、途切れてしまいました。
やっぱり義理チョコとして渡すのが一番ですよね・・・今更ながら、調子に乗ってハート型のチョコにした事を後悔してします。

ホームから、ベルの音が聞こえてきた・・・心臓の鼓動が激しくなっていくのが、分かります。
列車は静かにホームに滑り込み、沢山の荷物を抱えたおばちゃん、ホームに降りてスグ携帯で電話をかけるサラリーマン、おなじ高校3年生なんだろうか自由登校っぽいキャピキャピした女子校生の集団が降りてきた。
そしてそんな女子を尻目に足早にホームに降り立つ男子も・・・



ひとしきり往来が有った後、駅にはまた静寂が戻った。
どうやら田中くんは、この列車じゃなかったみたいです。
本当にバカバカしい事をしている自分が恥ずかしくなり、小走りで自転車小屋に向かった。

折角作ったチョコなんだし、捨てるのは忍びない。
隣に止まっている田中君の自転車の前かごに、チョコを放り込む。
そんな事したら、他人が盗っちゃうかもしれないけど、それならそれでも良いと思った・・・どの道、田中君の手元には届かない運命だったって事なんだから。

自転車にまたがり、力任せにペダルを漕ぐ。
自転車はグイグイ加速していく。
信号が青から点滅して赤に変わる頃、もう駅が見えない距離まで走っていた。
自転車を降りて、信号が青になるのをじっと待つ・・・まだまだ走り足らない、もっともっと遠くに行かなきゃ。
信号が青に変わったら、もう一度地面を蹴ってペダルを漕ぎださなくっちゃ。

・・・こう言う時に限って、信号を長く感じるんですよね
取りあえず、呼吸を整えておこう。
そう思い、「すううううぅぅぅぅ」わざとらしい音を立てながら、冷たい空気を吸い込む。



「あっ・・・」
そう言えば、クリスマスイブに交わしたキスの時、田中君が「すううぅぅ」って深呼吸しちゃって、思わず吹き出してしまった事を思い出した。

確か、彼の部屋でラブコメディのDVDを見ていた時だと思う。
主人公とその彼女がラストシーンでキスをするのに、思わず胸がキュンっとなっちゃって・・・田中君の方をチラッと見ると、彼も私の方を視線の端に入れているのが分かった。
「なぁ、キスしてみよっか?」
彼が静かにそう呟く。私はノリで軽く頷いていた。
互いの目を見つめ、タイミングを図る・・・ここぞとテンションが盛り上がった瞬間、彼は思いっきり深呼吸をした。
その気の抜けた「すうぅ」って音に、思わず吹き出してしまった。
「ちょっと、そんなに気合いを入れなくってもぉ」
「だって、キスの最中に息苦しくなったらどうするんだよ」
そう言われて、私も思わず考え込んでしまった。
どの雑誌にもキスの先の事は書いて有っても、キスの仕方については、殆ど触れていない事が多かったからだ。
それだけ簡単な事なのかもしれないけど、キス未体験の私にしてみれば、それだけでも重要な問題だ。
ん? って事は・・・田中君もキス未体験って事なん?
普段背伸びをしてちょっとカッコイイ事言ってるけど、実はめっちゃ初な性格だったんですね。
そう考えると、今まで散々私を子供扱いしてきた事の腹いせをしたくなってしまった。

「じゃあボクぅ、ちゃんとお勉強してくるまで、キスはお預けねぇ」
「何だよそれ~、そのめっちゃ上から目線はなんなんだよ~」
そのちょっぴり泣きそうな情けない顔を両手で引っ張り寄せ、唇を寄せた。
「・・・・・」「・・・・・」
「ねっ、深呼吸必要無かったでしょ?」「あぁ」お互い顔を見合わせて、笑った。



・・・・・・
何もこのタイミングで思い出す事ないですよね。
気がつくと、また雪が舞い始めていました。
すこし落ち着いた息が、白く雪空に溶け込んでいくのを、もう一度眺める。

小ちゃな思い出だけど、私には失いたくない大切なストーリー。
ふられるかもしれない、OKだったとしても3月には終わってしまうかもしれない。
でも、せっかくの思い出をうやむやなまま終わらせてしまっては、何もならない様な気がした。
大切な思い出だからこそ、しっかりけじめを付けておかなくっちゃ、辛い別れで終わりと分かっていても、最後の1ページまで書いておかなくちゃ、後悔しちゃいますよね。
同じ後悔するなら納得いく後悔をしたい。

気がつくと、私は寒空の中、もう一度駅に向かってペダルをこぎ出していた。
ぐいぐい加速していく・・・どんどん加速していく・・・

松舞ラブストーリーアーカイブ

ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
android game編
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン


スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

すき By M.Watanabe
ホームの端に立ち、その向こうに続く線路眺める。
線路沿いに咲いた日向葵が、楽しそうに風に揺れています。
こんにちは神田瑞穂です。
―――――――――8月6日(土)―――――――――
昨日田中君から、今日の16時着の列車で松舞に帰るって、メールが届きました。

「はぁ、ちょっと早かったわねぇ」
四カ月会えなかった寂しさから、つい早く家を出てしまった・・・今はまだ、15時過ぎです。

・・・考えてみたら、松舞駅に来たのは何カ月ぶりでしょう
私は地元の会社に就職しましたから、列車に乗る事も有りません。
高校時代みたいに友達と、駅で列車が来るまでオシャベリするなんて事も無くなりましたから、駅に来る用事が本当に無いんですよね。
あの頃、よく落書きをしていた伝言板は、今でも高校生達の落書きが一杯でした。

「しかし、今日も暑いわねぇ・・・」
かぶっていた麦わら帽子を、うちわ代わりにしてパタパタと扇ぎながら、今度はホームの反対側に視線を移す。
駅員さんが、撒いた打ち水が空中に解き放たれた瞬間、太陽に反射してキラキラ輝いています。


「・・・もしこれで、田中君が列車に乗ってなかったら、バレンタインディーの二の舞よね。」
あの時は結局、3本の列車を待って田中君に会う事が出来ました。
でも、素直にチョコレートを渡す事が出来ず、結局義理チョコって渡しました。
少し照れながらも笑顔で受け取ってくれましたから、まぁそれはそれで良かったのでしょう。


このまま立っていても仕方ないので、近くのベンチに腰を下す。
バッグから、鏡を取り出し覗いてみる。
「やば、慌ててたから、チーク塗り忘れてるわぁ」
この4カ月の間に私は、ピアスを開け髪を染めて化粧をする様になった・・・こんな私を見たら、田中君びっくりするかなぁ?
案外、私以上に彼の方が変わっていたりして・・・
ロンゲ金髪鼻ピなんてなってたら、どうしましょ(^_^;)

格好はともかく、私の気持ちはあの頃と変わってはいなかった・・・むしろ田中君に対する思いは強くなる一方です。
片や田中君の方はどうなんだろう?
ほぼ毎日メールを送ってくれているから、きっと悪い方へは変わっていないとは思うけど、相変わらず彼の中で私は、友達以上恋人未満って存在なんだろうか?
ひょっとして私がどんなに望んでも、叶わない切ない初恋なんでしょうか?
そんな思いが日増しに強くなって、息も出来ない位に胸が熱くなります。


うううっ、暗い事ばかり考えていても仕方有りませんよね。
少しは明るい事でも考えましょう。
いつまでこっちに居るのかは分からないけど、高校時代一緒に行けなかった海水浴や花火大会とか、一緒に出かけちゃお。
こっちは社会人、車だって手に入れちゃってますから、高校生カップルみたいに時間を気にする事なく過ごせちゃいますからね。
いつまでも高校時代みたいに、消極的じゃあ人生面白くないです。
もし、田中君にその気がなくても、絶対に振り向かせてやるんだから。
田中君が、フィアンセを連れて帰って来てたとしても、そのフィアンセから田中君を奪い盗ってやるんだ。
・・・って、ちょっと大袈裟かな? でも、誰かを傷つけてでも離れたくない、そんな気持ちで一杯です。


・・・あっ今、遠くで気笛が聞こえました。
立ち上がり、耳を澄ませてみる・・・聞こえる、微かに汽笛の音が
振り返ると、日向葵が風に揺れていた。


※くりむぞんより
渡辺美里の名曲すきを、オマージュしてみました。

松舞ラブストーリーアーカイブ
 
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
android game編
純・カヲル編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン


テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

小さな田中君
「お先に失礼致しま~す」
私は、事務所のドアを閉めて、駐車場に向かって歩いた。
静かな駐車場に、砂利を踏み締めて歩く私の足音だけが響いています。
「え~っと、車のキー、キー、キーっと」
大きめのトートバッグの中に手を突っ込み、ガサゴソと探した。
指先に、フワッとしたマスコットが触れる・・・有った有った
キーを取り出し、先端に付いている熊のマスコットを、目の高さに持って行く。
「ただいま、田中君」
熊のマスコットに静かに話かけてみる・・・こんばんわ、神田瑞穂です。
―――――――――9月21日(水)―――――――――
やっとで会えない日々に慣れ始めた所なのに、お盆に再会してからと言うもの、切ない気持ちが前にも増して強くなった気がします。
現実って残酷ですよね。
やっぱり、一緒に花火大会に出掛けたりしたのが、いけなかったんでしょうか?


あれは、お盆休みの始まる前日の夜でした。
♪♪♪
「んっ、メール? 誰だろう、こんな夜中に?」
[神田、夜中にごめん。もう寝てた? あのな明日の夜、お前暇か? 予定無かったら、一緒に雲山の花火大会見に行かないか?]
田中君からのメールです。
もちろん即、OKのメールを返信しました。
そして少し考えて、追加のメールを打ち込んだ。
[度々ごめん。良かったら、朝から何処か出掛けない? 私、車出すから大山でも行かない?]
もっと、可愛い文面を打ち込めば好感度もアップするかもしれませんが、元々恋愛に対して免疫の無い私には、こうやって誘うだけでも、ものすごい大業です。
・・・考えてみたら、田中君も私を花火に誘う事自体、大業だったんじゃないかなぁ?

程なくして返事が届きました。
[いいんか? 大山だったら、蒜山まで足伸ばさないか?観覧車やジェットコースター乗ろうぜ]
ん? 蒜山高原センター? デートとしては微妙なスポットですが、デートの定番の観覧車って言ったら、近隣では高原センターですもんね
[私、明日から盆休みだから、暇なんよね。蒜山OKだよ、何時に待ち合わせする? そうそう、もうこんな時間だから、お弁当の材料が無いんだよね]
う~ん、もう少し早く蒜山行きが分かっていたら、会社の帰りにお弁当の食材とか買い込んで帰ったんですが。
妹の葉月も夏休みだから、お弁当になりそうな材料が無いんですよね。


「おはよう♪ 田中君」
待ち合わせの松舞駅に着いてみると、田中君の方が先に来ていました。
まだ、待ち合わせの10分前なんですけどね。
「おう、神田おはよう。あのな、お前のアイディアに易々と乗ったんだが、お前の運転って大丈夫なん?」
「もちろんよ。私の運転技術信用してないなぁ」
「う~ん、ちょっとな。まぁ、安全運転で頼むわな」
「もちろん♪ さぁ、乗った乗った。」

FM山陰を聴きながら、蒜山を目指して、車は高速を東にひた走ります。
「んでな、バイト先の店長が、結構自己中なんだよな。この前なんか、店長の言う事が二転三転しちゃって、スタッフ全員振り回されたんだから。・・・神田の方は、仕事順調か?」
「ん~覚える事だらけで、毎日パニック状態よ。でも、お姉ちゃんの友達が同じ事務所に居るから、いっつも可愛がってもらってるよ。」
「そうかぁそれなら、精神的には少し楽だな。 あっ、そろそろ米子バイパスが終わるぞ、米子道入んなきゃいけないんじゃないか?」
「ん~っと、ナビどうなってる田中君?」
「え~っとなぁ・・・一番左車線からグルッと回って、米子道入る様になってるぞ。」
「OK、左車線ね。どう、私の運転? 全然スムーズに走ってるでしょ。」
「おう、正直驚いた。なぁこれ、何って車?」
「これ? この車はダイハツのコンテって車だよ。ほら、カクカクシカジカって奴よ。」
「あぁ、あの車ね。結構、良い車だなぁ、軽っぽくないし。」
「そうでしょ、私も気に入ってるんだ。あっ、パーキングでジュースでも買わない?」
「おう、良いねぇ。ついでにおやつも買い込もうぜ、実は朝飯まだなんだよな。」
「へへっ、実は私も。二度寝して起きたら七時回ってんだもん。妹も昨日まで合宿で、今日から盆休みだから起きて無いしさ。」
「おっ沢井合宿かぁ、懐かしいねぇ」
「ううん、今年は森山さんの企画で大山合宿だったんだって。だから、今回大山行きたくなったのよ。あっ、結構パーキング一杯だね。」
「へぇ大山合宿とは、うらやましいねぇ。あっ、あそこ駐車場空いてっぞ。」
「うん、了解」私は、少しぎこちないながらも、駐車場に車を止めた。


お互い朝食の買物を済ませ、大きな買い物袋を持った田中君と、パーキングの売店を出る。
「ちょっと、買い過ぎじゃない田中君?」
「平気平気、これ位食えるって。・・・うわぁ~今日も朝から暑いなぁ、こりゃ蒜山着く前に干からびちゃうぞ」
「ちゃんとUVケアしてきて良かったぁ はい、ドア開いたよ」
「ほいほいっと。うわぁぁ取りあえずエアコンかけようぜ、車内がムンムンしてるわ」
「そうね、エアコンかけようね・・・あっ田中君、携帯ダッシュボードの上に置きっ放しだけど大丈夫?」
「うぉっ、完全に熱くなってるわ。・・・あっOK、大丈夫みたいだぞ。」

彼の携帯の脇で揺れている、熊のぬいぐるみが目に留まったSH3G0607.jpg

「・・・ねぇ何?その熊のマスコット? 彼女にでも貰ったの?」
「馬鹿、彼女なんていたら、今頃お前と遊んでる訳無いだろ」
「まぁ確かにね、田中君に彼女が出来るなんてアリエナイしね。じゃあ、一体どうしたのよ、そのマスコット」
「あぁ、大学の吹奏楽サークルの新歓コンパでやったビンゴゲームの景品。捨てるの可愛そうだし、何となく携帯に付けてみた。なかなか可愛いだろ?」
「超キモいんですけど。まさかして名前なんて付けてないわよね?」
「う~ん・・・流石にそこまでビョーキじゃないぞ、俺は。何なら、瑞穂って名前付けようか? 『何で俺に彼女が出来る事がアリエナイんだよ。うりうりっ』」
そう言いながら、熊のほっぺたをグリグリ押してます。
「こりゃ、ストレス発散に良いかもな」
「ちょっと何で私の名前付けるのよ。って言うか、可哀そうでしょ熊がぁ」
「そっかぁ?」
「んもう、可愛がらないんなら、私が保護しちゃうから、その熊さん」
そう言いながら、私は田中君の携帯を奪い取り、熊のマスコットを外した。
「あっ、おい。・・・まぁ良いかぁ。正直、ポケットに携帯しまう時、大き過ぎて邪魔だったんだよな。大切にしろよな」
「うん、ありがとう・・・じゃあ、この子の名前は田中君で決定ね。えぃえぃ」私は、指の腹で熊のお腹を押してみた
「あっ、馬鹿。くすぐったいだろ」
「何で、あんたが反応すんのよぉ」思わず私は、笑ってしまった
「んッ?確かにそうだな」人間の田中君も釣られて笑っています。


・・・・・ちっぽけだけど、これでも田中君なんですよね。そう思おうと少し嬉しくなった。
車のシートに座り、もう一度軽く揺らしてみる。
小さな田中君が、少し迷惑そうに笑っている様な気がした。


※槇原敬之さんのアルバム“UNDER WEAR”の中の1曲“うん”をイメージして書いてみました。


松舞ラブストーリーアーカイブ
 
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
android game編
純・カヲル編
瑞穂編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン


テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。